長挨拶

社長挨拶

社長のことば

味との出会いを大切に、豊かな食文化を受け継ぐ「総本家貝新 水谷新九郎」

当社は、享保年間の創業以来300余年の歴史を誇り日本人の食生活を支えてきました。代表商品の「時雨蛤」は「桑名の殿様時雨で茶々漬け」と唄でも知られ、全国津々浦々に多くの人々に親しまれています。
最近は食生活の多様化が進んでおりますが、私たち日本人には欠かせない日本料理をよりおいしくする味わいを守り続け、いつの時代も変わらぬ味と品質を第一に考えております。
また、高級志向、自然志向が高まりつつあり、ニーズに合わせた新商品開発などに努め「貝新」ブランドとしての誇りと自信を持って提供できる商品、サービスを大切に「より豊かな食文化」を目指していきたいと考えています。

総本家貝新 水谷新九郎商店 
代表取締役 水谷 史

▲ページトップへ